【誰でもできる!】意外と知らないレジ袋の有効活用方法を解説!

トレンド

 

どうも!!レジ袋が有料化してからマイバッグを持ち歩いていますが、相変わらずレジ袋を買っている初心者ブロガーの茶和です!!

レジ袋有料化制度始まってから数年が経ち、最近では本格的に全国ほぼ全店舗へ有料化制度が浸透している昨今ではありますが、現在皆さんレジ袋は活用されていますでしょうか。

最近では大半はマイバッグやエコバッグを持参してレジ袋は買わない人がほどんどだと思います。

実際マイバッグは耐久性も高く、レジ袋のように紐や袋が千切れることはめったになく、鞄に入れる際もかさばらず、丁寧に使えば1年ほど長持ちするので重宝されるのも頷けます。

ですが自分の場合、有料化が始まってからマイバッグ、エコバッグを常に持ち歩いてはいますが、未だにお金を払ってコンビニやスーパーのレジ袋を買っています

それに加えて、薬局などで販売されている100枚入りのポリ袋を1束ほど買っている状態です。

なぜマイバックを持ち歩いてるにも関わらずレジ袋を買っているのか、それはレジ袋には「袋を入れる」以外にも様々な有効活用方法があるからです。

今回は皆さんが意外と知らないであろう、自分が試してきた中での様々なレジ袋の有効活用方法を解説していきます!

この記事を読み終えた後、さっそくレジ袋の有効活用法を試してみましょう!

 

コンビニやスーバーに行く際「コロナ対策をしたい!」という方はこちらもどうぞ!

 

この記事を全部読み終わって覚えた時

・レジ袋をただ捨てるだけじゃなく、様々な場所で使えるようになる
・レジ袋の性質が理解できる
・日々の暮らしで出る無駄なゴミが減る
・友人や知人に教えてあげることができる

それではご紹介していきます!

 

レジ袋の主な使い方

レジ袋を持っていると様々な用途、場面で役立つことがわかりました。

主な使用用途はこちらになります。

 

・入れる
・包む
・縛る
・敷く
 

コンビニやスーパーのレジ袋、または商品棚にある束で売られているポリ袋など、袋の材質によって変わってきますが、今回はコンビニやスーパーのレジで買える材質の袋をメインにご紹介していきます。

基本的にレジ袋は、レジで商品を入れるために使われるもので、様々なサイズの商品が入れられるようにレジ袋もまた商品にあったサイズの袋が用意されています。

袋そのものの用途としては、「入れる」または「包む」事です。

物を入れて運んだり、液漏れしそうな商品を縛って包むなど、他にも様々な場面で使用されることがあります。

中には水を入れて遊んだり、膨らませて空気を入れて遊んだりなど、「遊ぶ」用途にも使われることもあります。

更にレジ袋をねじって細くして紐やロープなど「縛る」ものの替わりにできること、いざという時に畳んで持っていてもかさばらずに困った時に使えること、テーブルや車の中を汚したくない時にレジ袋を「敷く」用途にも使えたり、レジ袋内で受け皿として昼食などを食べたり、他にも多種多様な使い方ができます。

マイバッグやエコバッグを忘れてしまった時などに持っていると困らずに済んだりもするので、持ち歩いていて損はありません。

では次にどの場面でレジ袋が有効活用されているのか具体的に詳しく説明していきます!

レジ袋の多種多様な有効活用方法

自分が試した、または体験した中で「これは使える!」と思ったレジ袋の有効活用方法はこちらです。

 

・買い物袋
・ゴミ袋
・食品の保存と維持
・テーブルクロス+受け皿
・ベルト

 

一件普段と変わらない活用法やよく使われる方法がありますが、その中で変わった使い方やパッと思い出しづらい方法などもありますので、これから順を追って解説していきます。

買い物袋

まずはもちろん買い物袋としてです。

コンビニやスーパーなどで買われる際に商品を入れる袋として使われます。

商品の量や大きさによって大小さまざまな袋があり、レジ側も使い分けながら商品を入れていきます。

最近ではスーパーや薬局などで、マイバッグやエコバッグを使用してる方が多数いて、レジ袋を買う人が少なくなってきてはいますが、買い物袋としてレジ袋を買った場合、家に帰った後、商品を片づけた後にまたレジ袋を再使用できるようにケースや引き出し、棚などにしまう方もいるでしょう。

中にはマイバッグやエコバッグを忘れた際、無駄遣いを避けるためにレジ袋の予備を持ち歩いている方もいると思います。

こうして買い物袋として使われたものから、もう一度同じ買い物袋として、または他の用途として活用できるので、レジ袋を買って損はしません。

更にマイバッグと比べてレジ袋は消費しやすく使いやすいです。
マイバッグの場合は、この時期コロナウイルスを警戒しないといけないので、一度使用した場合洗濯しないといけない手間があります。
ですがレジ袋はアルコールで軽く拭けば次もまたすぐに使えます。
マイバッグにアルコールをかけると染みてしまい、数分ではあるにしろ干さないといけません。

そう考えるとマイバッグやエコバッグも買い物袋として長く使用する分には得をする面もありますが、レジ袋の使い勝手と敗れたら即座に捨てられる手軽さや多種多様な使い方も込みで、有能だと考えさせられます。

ゴミ袋

次に商品を買った際のレジ袋や束で買ったポリ袋をゴミ袋として使う事です。

こちらも定番の使い方で主に車中にいる時間が多い方、外仕事や営業仕事をされている方などが多いと思います。

ほとんどの場合コンビニやスーパーで買い物をした後、レジ袋の大半がゴミ袋として使用されていることが多いです。
ご家庭や自室のゴミ袋はだいたいがレジ袋が使われていることがほとんどでしょう。

車内でも商品を買った後、コンビニのレジ袋をそのままゴミ袋として再利用することが多いほどゴミ袋として使用する頻度が多いです。

自分はレジ袋が本格的に有料化した時、マイバッグの便利さに気づき、マイバッグばかり使用してた時期があったのですが、レジ袋をしばらく買わなかったことで少々困った事がありました。

 

それはいざという時に限ってゴミをいれる袋が足りなかった事です。

 

以前は普段からレジ袋をもらっていたため、ゴミ袋やコロナウイルス対策として袋にマスクをいれていたのですが、マイバッグばかり活用していた結果、レジ袋で代用していたことができなくなり結構困った場面が多かったです。

マイバッグではゴミ袋の代わりにはならず、車内のゴミ箱やいざという時にゴミを捨てる際にマイバッグばかり使用していると、こうしてゴミ袋不足になる事が多いので、それも込みで最近ではレジ袋を定期的に買うよう心がけています。

食品の保存と維持

次にちょっとした時間の食品の保存と維持にレジ袋が使われることが多いです。

スーパーの発泡スチロール容器の食品に液体が溜まっていたりすると、ビニールが破れた時、密封が甘かった時などに同じ袋の中の商品に液体がかかってしまって大惨事になるなんてこともあると思います。

そういった時にレジの会計終了後の商品を袋に詰める時、スーパーでよく見かけるロール状になった薄いビニール袋があるので、それを使用することで液漏れを回避することができます。

小さめのコンビニレジ袋でも同じような方法でできますので是非試してみてください!

また多少ではありますが、商品の温度を維持することも可能です。

温かい商品は温かい商品同士レジ袋に入れておけば数十分ほどは保温されますし、冷凍食品やアイスクリームなどは同じ冷凍食品や冷えた飲料などと一緒に入れればある程度保冷されます。

夏の熱い時期にアイスと飲み物を一緒に買って家まで自転車で運んだ後、アイスを見たらまだ全然氷が溶けていませんでした。

もしかしたら当たり前かもしれませんが、冷えた飲み物と一緒に入れただけでここまで保冷がされてるとは思っておらず改めて感心しました。

なにかのアクシデントなどがあって、商品がこぼれてしまった時などもマイバッグだと布の隙間からこぼれてしまいますが、レジ袋の場合は口を縛って入れていればレジ袋外から出ることも汚れる心配もなく、安全に自宅まで持ち帰ることができるので、そういった用途も込みでレジ袋が有効だと常々考えています。

テーブルクロス+受け皿

次もそのままの意味になってしまいますが、車内や自室で飲食をするとき、床やテーブルを汚さないためにレジ袋をテーブルクロスや受け皿として広げて敷く方法です。

絵面が多少貧乏に見えてしまいますが、時間がない時やどうしても車内で食べ物を食べたいときにレジ袋の口を広げて、膝に置き、その状態で受け皿として昼食などをいただく方も中にはいると思います。

スーツや作業着などにこぼしたくない場合にこうしたレジ袋の使い方をすることで、こぼしたとしても袋の中にこぼれて、服を汚すことなく済ませることができるので中々馬鹿にはできません。

更にマイバッグの場合は長期間使うため布生地が汚れてしまったり、中が汚れてしまってもすぐには中々捨てられないと思うので汚れ受けとしては使用できません。

その点レジ袋はいつでも汚れたら捨てられますし、中が汚れてしまっても、破れない限りはゴミ袋としてまた再利用ができますのでオススメです。

友人の車の中や友人宅で昼食やお菓子を食べるタイミングがあり、車内やテーブルを汚さないように、こぼさないようにと些細なことを心がけることが信頼関係にも結びつくのではと思いますので、これを機に試してみましょう!

ベルト

次に特殊な方法でめったにやらないと思いますが、ベルトを忘れた時、またはベルトが途中で切れてしまった時に、レジ袋を持っていればベルトの代わりにすることができます。

やり方は簡単!

 

1.レジ袋を少しねじる

2.ズボンのベルトを通す穴に少しねじって細くしたレジ袋を通す

3.2つか3つほどベルトの穴を通したら、そのまま腰のサイズに合わせてレジ袋を縛る

 

この方法で簡単にベルトの代わりになります。

とはいえ流石にそのままレジ袋を正面で縛ってしまうと、とてつもなくダサい感じになってしまいます。

その場合腰の横や後ろで縛ることで目立ちませんし、ズボンの下やシャツ、服で隠してしまえば中々見えないので問題ありません。

紐やロープ状にしたレジ袋はポリエチレン素材なだけあって、強度もそれなりにあり、そうそう切れることはないと思うので少なくとも自宅に着くまでや新しく買い替える時までは保てます。

更にレジ袋で代用できるので、近くのコンビニやスーパーで適当な商品とレジ袋を購入し、即座に着けることができますので、緊急時などにも役立てるはずです。

あまりない事ではありますが、レジ袋を持っていればいざという時に様々な場所で使えますので定期的にレジ袋の購入をオススメします!

まとめ

いかがだったでしょうか!

このようにレジ袋には様々な活用方法があり、買い物袋やゴミ袋、食品の保存と維持、テーブルクロス+受け皿やベルトなど、どれもいざという時に必要になる事ばかりです。

自分は去年の夏ごろに仕事で汗をかいてしまったときに、シャツをレジ袋に入れて持ち帰る方法をしていたのですが、たまたま手元にレジ袋がなかった結果、他の物もぬれてしまったり、汗をかいたシャツを着続けてしまって汗疹や湿疹などの症状が出てしまうことがありました。

マイバッグとは別の便利さを兼ね備えていて、持っていて損はなく、逆に持っていないときは困りがちになってしまうのがレジ袋です。

昨今やはりマイバッグやエコバッグが主流になりつつありますが、レジ袋も使い勝手の良さや耐久性と素材、気軽に使える点で言えばマイバッグより遥かにお得です。

他にも自分がまだ知らないレジ袋の使い方もあるかもしれませんが、今回は以上の活用方法をご紹介させていただきました!
皆さんもこれを機にレジ袋や束になったポリ袋の購入をご検討してみてはいかがでしょうか!

タイトルとURLをコピーしました